Top >  シロアリの種類 >  イエシロアリとヤマトシロアリ

イエシロアリとヤマトシロアリ

シロアリっていろんな種類がいるのをご存じですか?
現在、世界中で2,891種のシロアリが確認され、記録されているそうです。
シロアリというと、全てが建物などに被害を与えていると思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、建物に被害を与えると言われる「建築物加害種」は現在、83種と考えられています。
ちなみに日本にいるシロアリは22種のうち6種が建築物に被害を加える種類だと言われています。
今回は、その6種類の中のイエシロアリとヤマトシロアリについて紹介したいと思います。

イエシロアリは、主に南西諸島や小笠原諸島に住んでいると言われています。
有翅虫にもなると、体長がおおよそ7.4~9.4mmありますが、兵蟻はその半分の3.8~6.5mmほどしかありません。
体の色は、黄褐色から淡褐色で、群飛時期は6~7月の夕方~夜にかけてと言われています。
このシロアリは、新材が大好物というめずらしい虫です。
また湿潤な木材だけではなく、建物全体にまで被害を及ぼします。加害速度も他のシロアリより非常に速く、被害は強烈だと言われています。

ヤマトシロアリは、北海道の北部を除いた日本全土に住んでいて、かなりポピュラーなシロアリと言っていいと思います。被害に遭われた方の多くはこのヤマトシロアリだと推測できます。
有翅虫の体長は、おおよそ4.5~7.5mmですが、兵蟻は3.5~6.0mmほどになります。
体色は、黒褐色をしていますが、前胸背板は黄色い色をしています。
羽アリが飛び立つのは4~5月の昼間と言われています。

湿潤な木材を好み、建物の下の土台部分などに大きな被害を及ぼしますが、他のシロアリと比べて加害速度は比較的遅いと言われています。
と言っても建物の土台から食べていくシロアリなので、巣を見つけたら早めに処理してもらう事が大切です。大切な我が家を害虫から守りましょう。

シロアリの種類

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

シロアリとクロアリの違い OMソーラーハウスとシロアリの関係 身近に潜むシロアリ イエシロアリとヤマトシロアリ