Top >  シロアリ駆除 >  シロアリ駆除の工法

シロアリ駆除の工法

最近、地球環境保全や健康住宅などに対する人々の意識が高まってきています。
その為、化学物質や揮発性有機物質などの安全性について、社会問題として取り上げられる事が多くなってきました。
これは、シロアリ防除技術にも影響しています。現在、薬剤の安全性や使用量を極力減らした工法などの研究開発が行われています。

まず、薬剤工法は新築の際、予防と駆除の両方に使われる方法で、一般にもっとも普及している工法です。
主に使用されている薬剤は、合成ピレスロイド系の薬剤で、この薬剤は環境に与える影響が少なく、しかも低濃度なのに殺蟻性があります。それに加え忌避効果もあり予防の効果があります。
使用方法は、シロアリが木材に被害を与える通路となる場所に、薬剤を万遍なく行き渡らせるようにします。

合成ピレスロイド系薬剤の施工は、5年保証が付いているので、その点でも安心ですね。

次にベイト工法といわれる工法は、床下に薬剤をまかないシロアリ防除工法です。
シロアリの被害を巣の根本から断つことを目的としています。新時代の防虫工法と言われているセントリコン・システムです。
この薬剤を家の周辺にセットしてシロアリの活動を調べる事で、シロアリを確実に駆除します。また、新たなシロアリ被害を未然に防いでくれるそうです。

セントリコン・システムは、シロアリの習性を利用して『巣』そのものを根絶します。また、薬剤を散布しない為、直接薬剤にふれることがないので人やペット、周辺環境に高い安全性があります。
また、シロアリ防除の専門家によって、年間管理で定期点検を行ってくれており安心です。
散布しないのでアレルギー体質の方や臭いに敏感な方、小さなお子さんがいるお宅やペットを飼っているお宅には是非お勧めです。
この方法は、有名な寺院でも採用されているそうです。

シロアリ駆除

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

より安全なシロアリ駆除を目指して シロアリ駆除の工法 シロアリの駆除剤 シロアリ駆除は生協で