Top >  シロアリ >  シロアリの巣

シロアリの巣

一言でシロアリといってもそれぞれいろんな性質を持っており、巣にもいろんなタイプのものがあるそうです。
たとえば木の中に巣を作るものもいれば、上へ上へと巣を作るものもたくさんいます。
しかし、シロアリの巣の中で最も変わった巣と言えば、熱帯地方などに多く見られるアリ塚ではないでしょうか。

レイクマニヤラのアリ塚は、3メートルは超えているそうです。
3メートルって言われても想像がつかないですよね。ビルの一階部分の高さぐらいだと思ってください。
しかしそれは地上に顔を出している部分だけの高さで、アリ塚のなかには、長径は10メートルにも達するものもあるそうです。

また、そのアリ塚の地下に作られた蟻道といわれるトンネルは、50メートルにも及ぶものもあるそうです。
このアリ塚は、シロアリが地下から運び出してきた土を唾液で固め、しっかりと頑固に作られているので長い物で100年は持つと言われています。
あの1cmにも満たないアリ達が道具も使わず、力を合わせてコツコツ作ったと思うと、それは素晴らしいですね。

そしてアリ塚の中には、約300万匹のシロアリが生息しているといわれています。
驚くことに女王アリが代わるごとに新しいアリ塚を作るそうです。
300万匹のシロアリが、あちこちにアリ塚を作っては移動していると思うと、ちょっとぞっとしますが…。

アリ塚の回りに住んでいる動物達は、ほとんどがアリ塚を利用して暮らしています。
エマス国立公園には、乾燥した草原に林立する塔のようなアリ塚の周りに、シロアリを好物とするオオアリクイが、住んでいます。
また、アリ塚を住居として生活しているものにはキツツキ、アリツカゲラなどがいます。
他にも草原のハンター、アナホリフクロウはアリ塚を見張り台にして、獲物を探していたりしている姿が見られます。
場所によっては、トカゲ(デプレッサイワトカゲなど)が住み着いているアリ塚もあるそうですよ。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて