Top >  シロアリ >  シロアリの兵蟻と呼ばれる階級

シロアリの兵蟻と呼ばれる階級

シロアリは、ハチやアリなどと同様に階級があると言われています。
女王アリ、王アリを筆頭に、副女王、副王、働きアリ、兵アリ(兵隊アリ)、ニンフといった階級ごとに分かれています。
その中でも兵アリに注目してみました!

シロアリは、社会性昆虫と考えられています。
社会性昆虫の大きな特徴としては、不妊の階層が存在していることと言われています。
しかし、昆虫などの社会性は、特異的なものであるため、このような社会性を真社会性と呼んでいます。
真社会性の仲間には、ハチの一部とアリ、シロアリに限られています。
ハチとアリでの不妊階級は働きバチ、働きアリと言われていますが、シロアリは、兵アリと言います。
また、兵アリは、シロアリの中で3%程しかいないと言われています。
例えば、シロアリが100匹いるとするとその中で兵アリは3匹程しかいない事になります。以外と少ないですね。

また、シロアリの兵アリには牙があります。牙があるからといっても、よっぽどのことがない限りは戦いません。
敵と戦うすべを持たず、もしも何かが襲ってきた時には普通のシロアリと一緒に逃げます。しかし、場合によっては、自らの命と引き換えに仲間を守るというかっこいい所もあるそうです。
しかし人間をはじめ、アリやアリクイなど天敵がとても多いシロアリです。
同じ大きさのアリでも人間に噛みつくなど戦う方法を持っているのに不思議ですね。

シロアリは兵アリだけではなく、それぞれがそれぞれの役割を持って働いています。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて