Top >  シロアリ >  シロアリの生態とは

シロアリの生態とは

シロアリ」と聞くと私は、夏になると出てくる虫で、木造家屋に棲みついて木材を食い荒らす害虫として嫌がられているという印象があります。皆さんはいかかでしょうか?
ちなみにみなさんはシロアリについてどんなことをご存じですか?
意外と知らないことが多いのではないでしょうか。
そこで、ここではシロアリの事を詳しく説明しましょう。

シロアリは、昆虫綱のゴキブリ目シロアリ科の総称です。かつては独立目のシロアリ目に分類されていたそうですが…。
熱帯地方を中心にほとんどの地域に存在しています。社会性をもつ昆虫で植物の遺体などを食べて生活をしています。不完全変態昆虫なので幼虫は成虫と同じような姿をしています。
成虫になるまでには、ニンフとよばれる有翅虫の前段階の幼虫になり、その後、羽アリになり成虫の生殖虫になっていきます。
そのシロアリの翅は、4枚ともほぼ同じ大きさをしており、そこから「等翅類」と名称されたと言われています。

人間にとって家などの木材を食べて生きているシロアリの存在は、あまり好まれていないように思います。
しかし、自然界においてはとても不可欠な存在なのです。
セルロースの分解に携わった仕事をしている重要な存在なんだそうです。

「アリ」といえば、シロアリとクロアリの羽アリは、なかなか区別しにくいですよね。
それを見分ける一番の方法は、クロアリは堅い皮膚で覆われていますが、シロアリの体は柔らかいです。
といわれても触って確かめるなんて嫌ですよね。
それ以外の見分け方としては羽の形です。
クロアリの羽は前の羽の方が大きく後ろが小さくなっています。それに比べシロアリは4枚とも同じ大きさなのでそれで見分ける方がいいかもしれませんね。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて