Top >  シロアリの被害 >  シロアリの被害

シロアリの被害

このところシロアリによる被害の話をよく耳にします。しかし被害の状況や金額など、実際に被害にあってみないと判らないことってたくさんありますよね。

アメリカでのシロアリ被害の数を見てみると、火災や台風の被害を合計しても足りないくらい被害数が多いそうです。
年間の被害数は、60万棟以上にも及ぶそうです。その被害金額は、1件あたり約1万$になるそうです。
1$を100円としてみても被害総額を計算してみるとビックリする金額ですよね。

そこで気になるのは日本での被害数や被害金額だと思います。
しかし残念ながら日本では正確な被害の統計が出ていないそうです。

今から十数年前におこった阪神大震災では多くの家屋が倒壊しました。
その震災の後に倒壊した家屋を調査したデータによると、何らかのシロアリ被害が発見されたそうです。
これによりシロアリが、家屋倒壊の被害を拡大させた一因になったのではないかと考えられているそうです。
シロアリ被害にあわないために日頃から気を付けておきたい事は、早期発見・早期駆除が大切だということです。
何故かと言うと、シロアリの被害は家屋の土台・柱・桁・梁などの接合部分が多いからです。

その為、建物の強度が低下する恐れがあります。被害にあう場所というのはだいたい見えない場所が多く、気付いたときには、被害が大きくなっており修理が大掛かりなってしまう事が多いのす。ということは出費が増えることにつながりますよね。
羽アリを見つけたら、建物やシロアリの種類、被害の程度・範囲などを調べて、即シロアリ対策をすることが大切です。
最近では、人やペット、土などに無害でかつ害虫には強い薬もたくさんありますので、安心して駆除が出来ますね。業者もたくさんありますので、相談してみるのもいいでしょう。
シロアリを見つけたら、早急に駆除して下さいね。

シロアリの被害

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

シロアリの被害 シロアリ被害の危険信号