Top >  シロアリの種類 >  シロアリとクロアリの違い

シロアリとクロアリの違い

アリと言えば思いつくのはクロアリとシロアリですよね。
名前に「アリ」がつくもの同士ですが、クロアリとシロアリは、実は全く違う種類なんです。ご存じでしたか?
見た目で異なっているところと言えば、アリ(クロアリ)は「黒く堅い皮膚のおおわれている」のに対して、シロアリ(働きアリ)の身体は、白くて柔らかいそうです。
性質での違いは、アリは甘いものを好みますが、シロアリは湿気を好みます。他にも違いはいろいろとあります。
ではシロアリは、何の仲間でしょうか?
アリの仲間ではなくゴキブリの仲間なんです。

羽アリの状態ではどちらも黒く見えて判りづらいので、クロアリかシロアリかを判別する時には、触角、胴体、羽で判別します。
シロアリの羽アリは、生まれ育った巣から旅立ち、パートナーを探し新しく自分たちの巣を形成するために飛び出したものです。
それでもシロアリとアリの区別がつきにくくて困った事があると言う方も多いかもしれません。
そこで、羽アリのシロアリとアリとの見分け方についていくつか紹介したいと思います。
まずシロアリの触覚は数珠状になっていて直線なのに対し、アリの触覚は「く」の字型をしています。
また、シロアリの羽を見ると、4枚ともほぼ同じ大きさ、形をしているのに対し、アリの羽根はというと前の羽根が後の羽根より大きくなっています。
他にもシロアリが寸胴なのに対し、アリは頭部・胸部・腹部と境目が分かれていて、くびれています。

羽アリに関してですが、シロアリの種類でヤマトシロアリんの羽アリの巣別れは、4~5月頃の晴天の日のお昼頃に発生する事が多く明るいところへ飛んでいくことができます。
イエシロアリの巣別れは、だいたい6~7月の蒸し暑い日の夕方から夜間にかけて発生し、電灯などの明るい所へ集まる習性があります。
このようにして飛び立った後、すぐに羽根を落とし、ペアを探しはじめます。そして雄雌ペアができると巣になる場所を求め歩き回ります。
しかし、飛び立った殆どの羽アリは、ペアができないまま死に絶えるそうです。
生き残ったペアは2~3年のうちに数万から数十万の働きアリを育てるそうです。

シロアリの種類

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

シロアリとクロアリの違い OMソーラーハウスとシロアリの関係 身近に潜むシロアリ イエシロアリとヤマトシロアリ