Top >  シロアリ >  いろいろなシロアリの習性

いろいろなシロアリの習性

シロアリが、エサとして食するものと言えば主に木材ですが、種類によっては枯れ葉や枯れ木、その他植物の遺体を摂食するものもいます。
珍しい種類としてはキノコを栽培するシロアリもいて、彼らは食べた材料を元としてキノコを栽培する為に、培養器を入れるための巣穴を作って生活しています。
タイワンシロアリは、地下に巣穴を掘ってあちこちにキノコ室を作るそうです。面白いですよね。
ほかにもシロアリの巣を見てみると、熱帯地方に住んでいるシロアリは、地表に盛り上がったアリ塚(蟻塚)を作るものが多いそうです。

熱帯地方や乾燥した草原に住んでいるシロアリには、土や自身の排泄物で巨大な「アリ塚」を築く種類もいるそうです。
アリ塚の内部は、年間を通して温度や湿度の変化が小さいので、アリ塚を利用して生活している生物も多いそうです。
また草原に住んでいるシロアリの中には、落葉や枯れ草を採集して巣を作るものもいるそうです。

この他にも樹上で生活をしているシロアリがいて、八重山諸島に生息しているタカサゴシロアリは、樹木の幹に頭の大きさぐらいの丸い巣を作るそうです。
近くにある枯れた幹をエサにしていて、働きアリがそれをくわえて巣まで運び込むそうです。
また、八重山などの熱帯地方に住んでいるシロアリの中には、地表の枯れ木や枯れ葉を持ち込むものがいて、巣穴から働きアリが地表を歩いて取りに行くそうです。
列を作ってエサ運びをしている働きアリの外側を、兵アリが守ってくれているそうです。

また、おもしろいことにシロアリと名前が付いていても、身体の色が白色以外のアリもいます。
例えばキノコシロアリ類や、エサを野外に探しに行くシュウカクシロアリ科の種類は、体色が白ではなく茶褐色や黒っぽい色をしているそうです。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて