Top >  シロアリの被害 >  シロアリ被害の危険信号

シロアリ被害の危険信号

シロアリの家への被害は、日本を含む熱帯地方で多く発見されています。
その被害は年々多くなってきているようで、シロアリ駆除の会社が増えていることや、シロアリ防止の薬がどんどん増えてきている事からも明らかです。
しかし家の近くでシロアリが飛んでいるのを見かけたり、家の庭から羽アリが発生したりしているのを見かけただけでは、必ずしも家に被害が及んでいるとは限らないそうです。

何故ならシロアリが巣を作るまでには、色々な試練があるからです。
例えばシロアリには、天敵がたいへん多く、クロアリやカエル、鳥などに食べられたりする事があります。
また、運良くカップルになったとしても、その後、巣を作る環境に恵まれないこともあるそうです。
このようにたくさんの障害が待ち受けているので、巣を作る事ができる羽アリは、とても少ないと言われています。

しかし、家の中で羽アリを見かけた場合には、念の為、群れの大きさや飛び出して来た場所を確認した方が良いでしょう。
もしシロアリが巣を作り住んでいたとしたら、室内で見かけた羽アリの数というは、家への被害の程度にも比例するそうですよ。

シロアリをあまり見掛けたことがなくても以下の点が見受けられたら、それは危険信号です。気を付けて下さい。
・床がブカブカしたり、ドアや襖の開閉がスムースにできない。
・浴室の窓枠や敷居が水腐れしていたり、浴室のタイルにヒビが入っている。

それに加え、シロアリは風や光を避けたがり、木材の割れ目・隙間などに蟻土を作る(土を詰める)事もありますので、木材の割れ目や隙間に土が詰まっているのも注意が必要です。
また、土の中の巣からトンネル状のアリ道を通って建物に侵入する事もありますので、床下の布基礎の表面に、地盤から土で固めたような道(アリ道)が出来ている事もあります。

以上のことが一つでもあてはまれば、調査を依頼することをおすすめします。

シロアリの被害

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

シロアリの被害 シロアリ被害の危険信号