Top >  シロアリ >  シロアリ調査・駆除

シロアリ調査・駆除

中古物件を購入する際に注意しなければならない点はいくつかありますが、忘れがちなのはシロアリの被害にあっていないか、被害に遭っていたとしてもちゃんとシロアリ駆除をしてあるかどうかということです。
被害にあっていることを知らずに購入し、住んですぐシロアリ駆除の手配をしなければならなくなり、思わぬお金がかかってしまった…なんて話をよく聞きます。
中古物件だけが気にしなくてはいけないということはありません。新築を購入する人、新築した人も人ごとではありません。

シロアリを放っておくとどんどん被害がひどくなります。家の床板がブカブカになるなど、生活に影響が出始め、最後には、家屋崩壊の可能性まで出てきます。

その為、シロアリ除去の殺虫剤をホームセンターなどから購入し、シロアリを見かけたところに薬を使用する人がいますが、巣に直接薬をかけないと効果が無いそうです。
一時期、羽アリをよく見かけたが最近あまり見かけなくなった…と言っても、シロアリが消えた、除去できたという事では無いのです。
何故かというと羽アリが飛び立つ時期は決まっていて、その時期(二ヶ月程度)に見かけたということで、巣は退治できていないからです。

しかし、庭や家の近辺で羽アリを見かけたとしても、必ずしも家が被害にあっているというわけではありません。庭に巣を作っているあるいは、羽アリが偶然家の周りを飛んでいただけの場合もあるそうです。
他にも家屋の木の劣化が必ずしもシロアリの被害というわけではありません。他のアリや虫などが木に穴をあけて劣化させている場合もありうるそうです。

でも素人の私達には、家の中にシロアリがすんでいるかどうかの判断をするのは難しいですよね。そこで業者に調べて貰う人もたくさんいるそうです。
最近のシロアリ調査は、無料または、格安で行っている業者も多くありますので利用されてもいいかと思います。。
しかし調査を依頼する際に、気を付けて欲しい事があります。
それは調査の結果で、シロアリの被害があると判断された場合、調査した業者に駆除を依頼する事が基本だと言われています。その為、悪徳業者は被害がないのに被害があると偽って不必要な工事を行うそうです。気をつけて下さいね。

ではどの業者に頼んだらよいのか、業者探しが難しいと思った方は、シロアリ相談所などが、都道府県に1つはあると思いますのでそちらに相談するのも1つの手段かと思います。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて