Top >  シロアリ >  シロアリのフェロモン

シロアリのフェロモン

とっても素早く動き回るシロアリ。でもシロアリは、目が退化しているため光を嫌い、一生のうちのほとんどを地中の暗闇の中で過ごしています。
しかし光を嫌っているにもかかわらず、羽アリだけは光を恐れる事なく飛び出していくと言われています。

羽アリが飛び立つ時期は、春から夏にかけてと決まっています。その時期になると多数の羽アリが同時に飛び出すことから、群飛と呼ばれています。
しかし、飛び続ける時間は数10分ほどで、距離は数百メートル~1キロメートルぐらいが限界だそうです。
そして地上に降り、不要になった羽を落とします。 シロアリは群飛が終わると、根元から羽が落ちるようになっているそうです。
まさに、群飛を行うためにだけ存在する羽なのです。
羽を落とした後は、雌の出すフェロモンに雄が寄ってきて、パートナーになり新居を作ります。そして一生、夫婦仲良く、子孫を増やしていくそうです。

しかし、目が退化していて見えないのに、どのようにして統制のとれた社会生活を送っているのでしょうか。
シロアリはフェロモンを出していて、そのフェロモンを頼りに社会生活を送っていると言われています。
シロアリのフェロモンは雌が雄を誘引する性誘引フェロモンだけを出しているのではないそうです。
たとえば女王アリと王アリ以外が生殖力をもたないように制御している階級を分化する調節フェロモンや、
フェロモンを地面につけ、自分や仲間が通路で迷子にならない為の道しるべフェロモンなどがあります。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて