Top >  シロアリ >  シロアリとキノコとの関係

シロアリとキノコとの関係

シロアリは、同じ種類にも関わらず、巣の形や性質などはそれぞれによって違います。まるで人間のようですね。
驚くことにシロアリの中には、キノコを栽培している種類もいます。
アフリカや中近東、東南アジアなどに住んでいるキノコシロアリは、巨大な巣を作る事で有名です。高さ9メートルの巣が実際に発見されているそうです。
それだけでもすごいことなのですが、さらに驚くことに冷房と暖房といった温度や湿度などの調節機能、巣の中に溜まっていた二酸化炭素を換気するシステムまで持っているそうです。

その為、キノコの栽培を行っています。
サバンナでは、日中の気温は45℃を超えています。一方、冬の夜中の温度は0℃以下に低下します。しかしその巣はいつでも30℃くらいに保たれているそうです。
その利用は、キノコを栽培する事で菌を発酵させ温度を上げるそうです。
また、暑い場合には地下の湿っている土があるところまで穴を掘り、水を蒸散させ温度を下げているそうです。

キノコを栽培するシロアリは、実は日本にも生息しています。沖縄の一部と八重山諸島に生息している土生息性のシロアリです。
家屋への被害の可能性もあるそうですが、規模は小さいと言われています。
しかし、サトウキビなど農作物への影響は大きいそうで、中国では堤防シロアリとして、イエシロアリと並ぶ程、駆除の対象となっています。
百以上の菌園を持つ大規模な巣になることもあります。
他にも家に被害を与えるシロアリと違う所があります。

例えば、副王や副女王などは存在していません。群飛しない羽アリと巣内で産卵をする女王が何匹か居るような現象があるそうです。
女王蟻などが巣を探してから死滅するまでの間、菌園からはシロアリタケが成長し、それは人間も食する事ができます。かなり美味なキノコとして取り扱われているそうです。
中国では死滅した菌園からも炭棒菌と呼ばれるキノコが育つそうです。このキノコはかつてヒメシロアリとも呼ばれていました。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて