Top >  シロアリ >  シロアリの社会

シロアリの社会

シロアリはアリと姿形が似ていますが、実はアリでは無く、ゴキブリに属している虫なんです。
シロアリは一つの巣の中に、数万から数百万頭もの数が住んでいて、女王アリ・王アリを中心とした社会生活を営んでいると言われています。

シロアリの社会はクロアリの社会と同様に役割分担に応じて階級があります。
まず女王アリ、王アリは、一つの巣に一頭ずつ(ちなみにシロアリは一頭、二頭と数えるそうです)いて、生殖活動に専念しています。
そして女王アリか王アリが死んだ時に代わりを勤める副女王アリ、副王アリは、数頭ずついるそうです。
女王アリや王アリ以外にも、シロアリ一匹一匹に役割が決まっています。
卵や幼虫の世話や餌の採取、巣の構築や掃除などあらゆる雑務をこなす働きアリは、巣の中のシロアリの90~95%を占めています。

もちろん兵隊アリ(兵アリ)もいます。外敵と戦ったり偵察や仲間の護衛をしていて巣中のシロアリの3%ほどいます。
最後にニンフという階級は、新しい巣を作るために羽アリとなって巣立っていく前の段階のシロアリのことを言います。

役割がどのようにきまっていくのかというと、産まれてから幼虫の段階では皆同じなのですが、女王アリや王アリの分泌するフェロモンによってどの階級に分かれていくか決められるそうです。
巣がある程度大きくなるとニンフを増やします。そのニンフが成長し羽アリになると、一定の条件が整ったら、一斉に外に飛び立ちます。そしてまた新しい巣を築くと言われています。
しかし、シロアリには外敵が多い為、羽アリが相手を見つけて新しく巣を築くことができるのは、ほんの少ししかいないそうです。

シロアリは、多くの種類が発見されていて、意外にも全てのシロアリが木材を好むというわけではないそうです。
そしてシロアリは、あまり人の目にふれる事はありません。私たちの目にふれるシロアリの多くは、ニンフが成長した後の羽アリで、それらが群飛した時だと言われています。時期は、四月~七月が多いとされています。
とはいえ、家の中でシロアリを見かける人もいると思います。
そういう時は、家の中に巣を作っている可能性が高いと言えます。
家の中でシロアリの被害が多い場所を聞いたところ、浴室や洗面所 、玄関などに大量に出てくる場合があるそうです。もし家の中でシロアリを見つけた場合にはすぐに調べてみた方がいいですよ。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて