Top >  シロアリ >  シロアリの中の羽アリ

シロアリの中の羽アリ

シロアリというと木材が大好きなイメージがありますが、実は全てのシロアリが木材を好むわけではないそうです。
実は日本にいるシロアリも、家(木材)を食べて生きているシロアリは、少ないそうです。
今回は、日本に生息しているシロアリの中でも家(木材)を食べて生きているシロアリの生態を探ってみたいと思います。

日本で私たちが多く見かけるシロアリはヤマトシロアリやイエシロアリと呼ばれる種類です。
それらシロアリの羽アリだと思います。
通常、羽アリは少数で発生するものではなく、大量に湧き出るように発生するそうです。

シロアリは、最初の産卵が郡飛の5~20日後と言われています。産卵数はイエシロアリが20~30個、ヤマトシロアリは数個~十数個ほどの数しか産みません。
その幼虫が職アリとなり育ってくると、イエシロアリで1日に数百個も産卵する事が出来るそうです。
その為、一定の時期になると羽アリを大量に産んで、一緒に旅立たせているのかもしれませんね。
羽アリを大量に旅立たせる理由は他にもあると考えられているそうです。

通常シロアリは、一つの巣に数万~数百万匹というたくさんの数で生活していると考えられています。
しかし女王アリは1日100個もの卵を10~15年間ずっと産み続けるため、いくら大きな巣でも養いきれなくなる時が来るそうです。そこで大量に旅立たせるということです。

しかし飛び立った羽アリの全てが、巣を築いて子孫繁栄に励むということは、自然界の掟では難しいそうです。ほとんどが自然の栄養源となってしまうそうです。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて