Top >  シロアリ >  シロアリの生活とは

シロアリの生活とは

日本でシロアリというと、家に被害を及ぼす害虫で木材をエサとして生きているというイメージがありますよね。
しかし、熱帯地方ではキノコを栽培するシロアリなんかもいます。
キノコなんて、1cmにも満たない小さなシロアリがどのようにして作るのでしょうね。とても不思議に思いますが、食べた材料を元に、キノコを栽培するそうですよ。
どこに栽培し生活をしているのかというと、キノコを栽培する為の培養器のような巣穴を作るそうです。
タイワンシロアリは地下に巣穴を掘って、あちこちにキノコ室を作るそうです。
その他に、だいたい地表に盛り上がったアリ塚を作るものが多いですが、木に巣を作り生活しているものもいます。

日本では、八重山諸島に生息しているタカサゴシロアリが、樹木の幹に頭大の丸い巣をつけて生活しているそうです。
さらに熱帯地方や乾燥した草原では、土や自らの排泄物などを集めた巨大な「アリ塚」を築く種類もいるそうです。
そしてどのアリ塚も中は、一年を通し温度や湿度の変化があまりなく、過ごしやすいそうです。
そのため、アリ塚に住み着いたり、生活の糧とする生物も多いそうです。
体の色は皆さんがよく見かける白色だけではなく、茶褐色や黒っぽいものもいるそうです。

シロアリは数万から数百万という数で巣を作っています。そして女王アリと王アリを中心に、それぞれの役割に応じて階級に分かれた社会生活を営んでいるそうです。
女王アリ、王アリは、一つの巣に一頭ずつしかおらず、常に生殖活動に専念しています。
そのほかには、女王アリか王アリが死んだ時に代わりを勤める、副女王、副王アリ。
新しい巣を作る為、羽アリとなって出ていく前の段階のニンフと呼ばれる階級。
そして卵や幼虫などの世話、餌の採取、巣づくりや掃除などあらゆる雑務をこなす働きアリと続いていきます。この働きアリが巣の90~95%を占めているそうです。

そして外敵と戦ったり、偵察や仲間の護衛をする兵隊蟻が3%程います。
幼虫の段階ではすべて同じだそうです。成長していくに従い、女王や王の分泌しているフェロモンによって、階級に分かれていくそうです。
例えば、巣の中の数が多くなるとニンフを増やすそうです。成長し羽アリとなって一定の条件が整った時、一斉に外に飛び立たせるそうです。。
私たちがシロアリ(羽あり)をよく見かけるのは、ちょうどこの時期だと言われています。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて