Top >  シロアリ >  シロアリの生態

シロアリの生態

シロアリの巣は小さなものからとても大きなものまで、シロアリの種類によって色々と違いがあります。
シロアリの巣の中には、何万匹~何百万匹ものシロアリが住んでいると言われています。
このような巣をどのようにして作り、巣の中でどんな生活を送っているかご存じの方は少ないのではないでしょうか?あまり知られていないので不思議ですよね。

まず、シロアリは大きくなると羽アリとなって今まで育ってきた巣を飛び立ちます。
そして羽を落としパートナーを見つけます。雄と雌がペアになったらそこで巣作りを始めます。
巣づくりをした雄と雌が、王・女王となり、十数年に渡って交尾と産卵を繰り返すのです。
女王アリの卵巣は発達し、次第にお腹が膨らんでいきます。
種類によっては初めの大きさの数倍にまで大きくなるそうです。びっくりですよね。

シロアリは無変態動物なので、子供は生まれた時から親と同じ姿をしています。
その為、ある程度成長をすると、働きアリとして王や女王を助けながら、巣を作る作業を一緒に行うようになります。
子供達は雄雌どちらかの生殖を持って産まれてきます。
それは成長していく中で、一部が前兵アリを経て兵アリ(兵隊アリ)に分かれるそうです。

そして巣の規模がある程度大きくなってくると、ニンフと呼ばれる階級を経て有翅の生殖虫が現れるようになります。
有翅の生殖虫は、時期がくると巣から旅立ち群飛するようになります。
このニンフ達がパートナーを見つけ、未来の王や女王になるのです。
もしも、巣の中の王や女王が死んでしまった時には、働きアリやニンフから副王や副女王が生まれるのです。

驚くことに生殖虫には眼がありますが、兵アリは生殖がなく眼も見えません。
その為、兵アリ達はそれぞれの環境などに応じ、身体の形態が違っています。
たとえば日本に住んでいるイエシロアリやヤマトシロアリという種類(家に害を及ぼすシロアリとして有名)は、細長い鋭い牙を頭の先端に持っています。
また八重山諸島にいるタカサゴシロアリと言う種類は、丸い頭をしていて、牙は小さいですが頭の斜め前方に鋭い角があり、そこから液体を噴射することができます。
他にも、沖縄産のダイコクシロアリは、丸っぽい頭をしていますが先端は平らになっていて、この頭を使って巣穴をふさぐことができます。
目が見えなくても、それぞれの生活に適応した形に姿を変え、生活しているのです。

シロアリ

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

いろいろなシロアリの習性 シロアリについてのびっくりな話 シロアリとキノコとの関係 家の周辺や家の中でシロアリを見つけたら シロアリの謎 シロアリの巣 シロアリのフェロモン シロアリ調査・駆除 シロアリの社会 シロアリの中の羽アリ シロアリ業者の選び方 害虫シロアリ シロアリの生活とは シロアリの生態 シロアリは自然界にとって重要なもの シロアリの兵蟻と呼ばれる階級 シロアリの生態に関して シロアリの生態とは シロアリについて