Top >  シロアリの種類 >  OMソーラーハウスとシロアリの関係

OMソーラーハウスとシロアリの関係

OMソーラーハウス…家に興味をお持ちの方なら耳にされた方も多いと思います。
OMソーラーハウスの由来は、家にとって健康かつ快適な家でありたいという願いのもと、生まれたのだそうです。
最近では、益々有名になり、快適な生活を送っている人も多いはず。
OMソーラーは、建物を常に乾燥した状態に保っていて、それ自体が優れた防蟻工法だと考えられています。
またOMソーラーの「木造打ち放し住宅」では、防湿押さえコンクリートを標準仕様として使用しています。

この防湿押さえコンクリート基礎の工事をする事によって、OMソーラーの蓄熱コンクリートになり、白アリなどに対する、薬剤による土壌処理をやらなくて済むそうです。

しかし、驚くことに「シロアリが出た」といった苦情が出たそうです。調査をしてみるとその原因はいくつかあったそうです。
その一つは、シロアリは床下の木の部分から発生したのではなく、地下からOM空間を通ってきたということです。
その為、以前はOM空間にはシロアリは出ないと言われていましたが、実際には出ないのではなくOM空間の木材は乾燥しているので、シロアリは食べる事ができないそうです。

シロアリは、育っていくのに不可欠な条件が三つあります。その三つとは、温度・湿度・食物です。
まず食物ですが、伐採した樹木の根株や建て替え時の残材など、建築中の不注意で土中に残ったものをエサとしていたようです。
基礎またはピットを打設する際に、土中に残ってしまい取り出すことが出来なかった木材型枠や木片なども原因となったようです。

次に温度と湿度ですが、シロアリの活動に好適な温度は10~30℃と言われています。OMの土間下の温度は冬場も含め平均15℃前後に保たれています。
シロアリにとっては、一年を通して快適な状態であったと考えられます。このような事から考えるとシロアリが発生しやすい環境をわざわざ作ってしまったのかもしれませんね。

そういったことを無くす為に挙げられる注意点としては、シロアリの食物になる木材や根株などを土中に残さない、スタイロなどシロアリの通過しやすい部分やコンクリートなどの隙間は造らないということです。
実際にはこの他にも気を付ける事がたくさんありそうですが、業者はシロアリの出ない素敵で快適な家造りを目指して日々頑張っています。

シロアリの種類

害虫であるシロアリから私たちの家を守るためにはシロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておくことが必要です。

関連エントリー

シロアリとクロアリの違い OMソーラーハウスとシロアリの関係 身近に潜むシロアリ イエシロアリとヤマトシロアリ